忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/27 20:01 】 |
湘南の海辺で「チュウシャクシギ」さん~Σ^)

ここは「アオバト」さんで有名な座礁です。
「ミヤコドリ」さんを撮っていたら、「チュウシャクシギ」さんも出て
来てくれました。「チドリ目 シギ科」の鳥さんで全長40-45cm位。
雄雌、同色で嘴が長くて下にまがっています。
夏羽は、体全体が褐色のまだらで眉斑は茶褐色、尾羽は褐色に
      黒の横斑がある。飛翔時には腰が白いのを確認出来ます。
冬羽は、上面は全体的に斑が不明瞭になる。
岩にいると、本当に保護色で、分かりにくいですね(^^;


一所懸命、捕食していました。主にカニさんを食べます。
この曲がった嘴が役にたっているのですね!
後ろの背景の海の波が、キラキラと玉ボケになり、
とっても綺麗な写真ですね~(*^^*) 流石・・ケンケン♪
この写真は大好きです(*^^*)


ピョーン!と、あちらの岩に飛び移って行きました。
翼も広げると綺麗ですね~♪
旧北区。ユーラシア大陸の高緯度地方に局地的に繁殖し、
冬はアフリカ大陸からインド、ニューギニア島、オーストラリア大陸
に渡って過ごす。日本には旅鳥として各地に多く見られるそうです。
 ※記事内容は、ミントでした^^

撮影日:2011年5月21日
撮影者:By kenxken

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
野鳥ブログに参加しています。
1日1クリックのご協力お願いしますm(_ _)m

PR
【2011/05/27 23:27 】 | チュウシャクシギ | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |